厳選特集!ボトックス注射が人気の福岡エリアの美容クリニック

ボトックス注射ガイド【福岡版】 » 福岡・博多美人度up!ボトックス注射のパーツ別効果 » 颯爽美人:わきの臭いを除去する

颯爽美人:わきの臭いを除去する

ここでは、わきの臭いや多汗症治療のためのボトックス注射について詳しく解説しています。

わきの臭い・多汗症の治療に対してのボトックス施術

  • 多汗症

多汗症というのは、文字どおり、大量の汗をかいてしまう状態を指します。

暑いというわけでもないのに、わきの下や手のひら、足の裏、額などの特定の部分の汗が目立ち、緊張した時にはさらに汗の量が増えてしまう症状が特徴です。

この多汗症にも、実はボトックスが効果的であることがわかってきました。

ボトックスの働きといえば、

ボツリヌス菌の神経毒により
「アセチルコリンの放出を阻害→筋肉の運動を抑制」

として知られていますが、このアセチルコリンは交感神経の末端から“汗をかくように”と指令を出す働きもしています。つまり、「アセチルコリンの放出を阻害→汗を抑制」という効果もあるというわけです。

効果の持続性はワンシーズンと考えておくとよいようです。

  • わきが

また、わきがに対してもボトックスが有効です。

わきの下にあるアポクリン汗腺とエクリン汗腺から出る汗と、皮脂腺から出る脂肪酸が合わさり、これが細菌によって分解される時に強い臭いを発するのが「わきが」の原因なので、ボトックスによって汗を抑制すると臭いの発生を抑えることができるのです。

メスを使って多汗症やわきがを治す方法もありますが、手術は怖いというイメージが強いですし、症状が軽度の場合はボトックス注射で充分な効果が出るといわれています。

逆に重度の場合は、ボトックスではあまり効果がないようです。

施術方法

施術前日はわきを念入りに洗い、原則としてわき毛は剃るようにクリニックから指示があるようです。

一般的には麻酔は使用しません。わきの下のボトックス注射は、15~20ヵ所くらいに分けて注入されます。施術は10分程度で完了するようです。

料金目安

1回の治療につき、通常は100,000円~200,000円程度と考えておいてください。

デオドラント効果に特化した手軽なわきがクリーム

手術よりは簡易的であり、なおかつ恐怖感も少なくて済むボトックス注射ですが、それよりもさらに手軽にわきが対策をしたい人にはクリームの使用がおすすめです。

わきがクリームとは、主にデオドラントに特化した製品として販売されています。

この頃は優れた効果が期待できる高品質のクリームも続々と登場して、一般的な薬局などで誰でも手にすることができます。

汗を抑えて不快感や臭いに対処する制汗作用を主な目的とした他のクリームに比べ、わきがクリームには異なる特徴があります。

わきがの臭いの原因である細菌に働きかける殺菌成分

嫌な臭いの原因は、発汗した部分が蒸れることによって発生した細菌です。「不快な臭いを抑制する」という意味であるデオドラント専用のわきがクリームは、制汗剤では抑えきれなかった気になる臭いの菌に直接働きかける殺菌成分を含む製品が多く販売されています。 汗を抑える制汗作用も含んでいるため、制汗剤としても利用できる優れた製品であるといえます。

悩み別に選択肢があるわきがクリームからはじめましょう

わきがの悩みを日常的に持ってはいるものの、ごく軽度である場合や病院に行って処置を受けることには抵抗があるという場合、わきがクリームの使用は最もおすすめの方法となります。

一般的な保湿クリームのように日常的に行う身近なボディケアのアイテムとして扱いやすい面は、初めてわきが対策をしてみるという人にとって大きなメリットでしょう。新しい製品開発への取り組みも日々進歩しているため、更に優れた効果や持続力の期待できる製品も発売されています。

外出前に塗ることで24時間臭いを気にせず過ごすことができる、強力消臭に特徴のあるクリームや、抗酸化・抗菌作用のある茶カテキンを含む緑茶エキスを使用した製品、無添加・無香料の肌に優しいタイプなど、豊富な種類から用途や自分の体質に合った製品を選択してみましょう。

コンプレックス解消のために、初めての対処を考えている場合であれば、まずはわきがクリームの使用を試してみるのがよいでしょう。

保険適用外の場合30万円ほどの負担がある手術や、10〜20万円ほどの費用がかかるボトックス注射と比較して、わきがクリームはドラッグストアで数百円から手に入り、高価なものでも5,000円程度に費用が抑えられるので、気になる嫌な臭いに対してどうするべきか迷っている人にこそ、はじめの一歩として適しているといえます。

わきがクリームよりも効果的なボトックス注射

体質的に汗をかきやすい多汗症の人や、精神的な作用が発汗に繋がってしまう場合など、わきがクリームの制汗力では症状を抑えられない段階には、ボトックス注射がおすすめです。

汗をかかせる指令を与える神経伝達物質に直接作用するボトックスの働きによって、わきがクリームよりも効果が期待できる処置方法となっています。

ボトックス注射は、近年多くの人に知られるようになってきていることもあり、厚生労働省の認可を受けた治療薬も使われています。

手術を受ける必要性がない段階であれば、信頼できる確かな技術と豊富な経験を持つ医師によっては、悩みを解決する身近な手段となってきています。 身体への負担に関しても、手術に比べて治療そのものにかかる時間が短いため負荷が少なくて済むでしょう。

しかし前出のとおり、ボトックス注射は持続性がワンシーズンという限定的な対処法なので、わきがや多汗症の根本的な解決にまでは至らないことに留意しておく必要があります。

その点を考慮しても、症状が軽度の場合は十分な効果が出るといわれているので、わきがクリーム以上の効果を求めているけれど敷居の高い手術を受ける段階ではない場合、ボトックス注射という選択肢は多くの方の悩みを軽減させる手段となっています。

ボトックス注射は治療目的や美容形成の分野でも大活躍

わきがクリームよりも汗や臭いを抑制する効果が見込める処置方法として、神経伝達物質に直接働きかけるボトックス注射についてご紹介していますが、ボトックス注射の名前を聞いて、多くの女性はまず「表情じわの改善」や「フェイスラインの引き締め効果」を思い浮かべるでしょう。

ボトックス注射は筋肉の収縮に影響を及ぼすため、このように美容形成外科での処置としても一般的に広く利用されています。さまざまな使用用途があるからこそ、気になるのは処置ごとの保険適用の可否ではないでしょうか。

例えば美容形成の分野では病気の治療が目的ではなく、個人の美意識に基づいたコンプレックスの解消を主な目的とした処置になります。小じわをなくしたり、フェイスラインを整えたりという目的でボトックス注射の施術を受けた場合、保険適用の範囲には含まれません。

わきがボトックス注射で保険が適用される場合

自費での美容形成の処置に対して、わきがや多汗の症状を改善するためにボトックス注射の施術を受ける場合、条件を満たせば保険適用になる場合があります。

その適用範囲は多汗症などの身体的な病状として診断を受けている人で、なおかつ慢性的に多量の発汗症状があり、その症状が頻繁に日常生活へ悪影響を及ぼしている場合です。

病状の判定は本人の体質によって症状が出ているかどうかが基準となります。服薬などの影響で一時的な発汗症状をきたしているような場合には当てはまりません。

わきが・多汗治療の保険適用診断における判定項目6例

  • 先天性の範囲となる25歳未満での発症であること
  • 家族に同じ症状があり遺伝性が疑えること
  • 右脇や左脇のみの片側ではなく両脇ともに多汗症状があること
  • 高頻度の症状であること
  • 日常に支障が出ていること
  • 就寝時には症状が出ないこと

以上6項目のうち、2項目以上に当てはまれば保険適用となる病気「原発性腋窩多汗症」として診断される可能性が高いでしょう。

個人では保険適用の判断基準が難しい!わきが・多汗のボトックス注射

わきがボトックス注射を受けるにあたって保険が適用されるかどうかは、個人的な美意識の感覚においてコンプレックスの範囲内であるか、または病気として認定されたうえで治療の名目で用いられるかによって判断させることになります。

多汗の症状に関しては、その頻度や個人の日常生活への影響によって異なります。例えば夏の暑い時期にダラダラと汗が出てしまうことは多くの人に当てはまる生理現象なので、多汗症と呼ぶには難しく、個人的なコンプレックスの範囲となる場合がほとんどですが、気温や湿度にかかわりなく慢性的に多量の発汗で悩まされている場合は治療目的と判断される可能性が高いでしょう。

ボトックス注射の前には医師に相談しましょう

わきがや多汗の悩みは個人の感覚によって左右されるものであり、医師ではない者が病気か否かを判断することは難しくなっています。そのため、わきがボトックス注射を検討している場合には、事前に皮膚科医の診察を受けるか、形成外科、美容外科、美容形成外科などでカウンセリングを受けて保険適用の範囲内であるかを確認されるとよいでしょう。

わきが・多汗の処置としてのボトックス注射は、保険適用外の自費治療では通常10〜20万円程の費用がかかりますが、保険適用内であれば個人負担額は他の医療機関と同様に3割となります。

個人的なコンプレックスの範囲を越えて日常生活に支障をきたすほど症状に悩まされているならば、健康保険を利用して通常よりも安価にわきが・多汗症状改善のためのボトックス注射を受けられるかもしれません。

わきの臭いでお悩みの方におすすめのボトックス注射クリニックはこちら

ボトックス注射のオススメ
美容クリニック3選~福岡編~

  • 表参道スキンクリニック福岡院

    ボトックス注射のパイオニアのひとつである東京「表参道スキンクリニック」で技術習得した院長の技術力に定評がある

  • 城本クリニック
    福岡院

    ボトックスの不要な効果を和らげる施術も同時に提供されており、安心して相談できる

  • あやべビューティークリニック福岡

    アルバイト医師を一切採用しておらず、院長自らが全ての治療を担当してくれます。