キレイを探求!ボトックス注射ガイド【福岡版】

厳選特集!ボトックス注射が人気の福岡エリアの美容クリニック

肌理美人:シワをなくして若返る

ここでは、ボトックス注射を使ったシワとり施術について詳しくご紹介します。

また、同じシワとり治療である、ヒアルロン酸、コラーゲン注射との違いについてもまとめてみました。

ボトックス注射を使ったシワとり治療

年をとると目立ってくる、額の横ジワ眉間の縦ジワ目尻のシワ(カラスの足跡)は、一般的には「表情ジワ」と呼ばれており、表情筋が繰り返し収縮した結果生じるものです。

これらのシワの治療には、表情筋の不必要な動きを弱めるボトックス注射が有効です。

アメリカでは10年ほど前から流行している治療法で、日本でも数年前から人気のある方法です。

軽度であれば、ボトックス注射でほとんどのシワは消失するといわれています。

何もしなければ、どんどんシワは深くなっていき、治療の効果があまり出せなくなる可能性があるので、できる限り早めに治療を受けたほうが良いそうです。

また、ボトックスはシワを改善するだけでなく、肌のキメを細かくしたり、肌にハリを出す効果も期待できるといわれています。

ボトックス注入が効果的なシワ

笑った時に目尻にできる小ジワ
おでこの横ジワ
表情によってできる眉間のシワ

施術方法

カウンセリング/診察後、注射器を使って気になる部分の筋肉にボトックスを注入します。10~15分程度で終了し、注射後はすぐにメイクして、そのまま帰宅できます。

料金目安

顔の表情ジワの場合、アラガン社のBOTOX VISTAであれば、1ヵ所につき10,000円~のクリニックが多いようです。

ヒアルロン酸注射、コラーゲン注射とボトックスの違い

シワ取り治療の注射には、ボトックスの他にもコラーゲン注射ヒアルロン酸注射があります。

簡単に言ってしまえば、ボトックスは表情(筋肉の動き)によってできるシワを予防し、ヒアルロン酸やコラーゲンは、すでにできているシワ(筋肉の動きに関係なく)を内部から盛り上げることでシワを消す効果を得る、という違いがあります。

コラーゲンは体内への吸収が良いので、効果の持続期間が短いというデメリットがありますが、これを克服したのがヒアルロン酸で、現在はヒアルロン酸注射が主流になっているようです。

ヒアルロン酸はもともと体内に存在する成分なので、注入前のアレルギーテストが必要ないという点もボトックスとは異なる特徴です。

筋肉の動きによって一時的にできる額/眉間/目尻のシワにはボトックス注射、目の下のシワ/ほうれい線/鼻唇溝/おでこの横ジワ/眉間の縦ジワなど、表情を動かさなくても存在するシワにはヒアルロン酸注射、という使い分けになるようです。

場合によっては、ボトックス注射とヒアルロン酸注射を組み合わせて打つことで、より高い効果を発揮するケースもあります。