厳選特集!ボトックス注射が人気の福岡エリアの美容クリニック

ボトックス注射ガイド【福岡版】 » 知って安心!ボトックス治療最前線

知って安心!ボトックス治療最前線

このカテゴリでは、ボトックス注射を受ける前に知っておきたい基礎知識をご紹介しておきたいと思います。

多くの方が疑問&不安に思っていることをまとめてみたので、ぜひご一読下さい。

そもそもボトックスって?

表情ジワなど顔肌のエイジングが気になる部分に「ボツリヌス菌が産生するたんぱく質を含む薬剤」を注射する施術。筋肉の収縮を遮断する働きがあるため、シワの発生阻害や予防効果があります。メスを使わない簡単な美容施術として人気は高く、施術時間は長くても30分程度。その効果は数ヵ月~半年程度持続します。

ボトックス注射は、エイジング現象に悩む多くの人に選択されています。「私もやってみようかな」、そんな風に考えている人が感じやすい疑問や不安に回答すべく、以下のページを設けてみました。

ボトックス注射っていくらくらい?

ボトックス注射にかかる治療費の目安をご紹介しています。福岡近辺の美容外科で、最もスタンダードな「アラガン社製ボトックス」の注射を受ける場合、どのくらいの金額がかかるのかを調査してみました。

クリニックによって、大きな費用の差がでてくるのが美容系の施術のポイント。どうしてもある程度の費用がかかってしまうため、できるだけ抑えたいという気持ちになるものです。

ですが、極端に施術の価格が低いことには、何か理由があるのも事実。納得のいく施術を受けるためにも費用の利点のみでクリニックを選ぶのは避けたほうがいいでしょう。しかし、どのくらいが基準になるのか、施術の適正価格を知っておくことはとても大切です。

部位別に費用相場をまとめているので、自分自身の希望部位や予算などと照らし合わせながら、情報をチェックしてみて下さいね。

ボトックス注射の費用についてもっと詳しく>>

副作用は大丈夫?

ボトックスは「注射を打つだけ」の簡単な治療法ですが、副作用のリスクがゼロというわけではないようです。

注射後の痛みや腫れといった施術による副作用や、製剤の効果による頭痛、発熱、アレルギー反応など、さまざまなものが考えられます。一般的な医療行為や服薬などにおいても、副作用はつきもの。ボトックス注射は手軽で比較的安全な施術ではありますが、個人の体質や体調に左右されることもあり、全く副作用がないと考えるのは危険です。

一体どのようなものがあるのか気にかかるところですし、きちんと知識を深めたうえで、治療に臨みたいもの。考えられる副作用の種類や、予防策、そして対処の仕方など、知っておきたい重要情報をまとめています。

ボトックス注射の副作用についてもっと詳しく>>

失敗することってあるの?

数はそう多くないようですが、ボトックスも失敗例が報告されています。表情など顔の変化、体の不調や痛みがある場合や、期待していた効果が得られなかったということが挙げられます。

施術後の変化に関しては、マッサージしてしまうなど、施術部位に負担をかけることで痛みや腫れを引き起こしたり、効果が得られないということもありますので注意が必要です。ボトックス注射の効果はずっと続くわけではないため、繰り返し施術を受けることで期待していた効果が得られるということもあります。

数ヵ月~半年で効果が切れるボトックスですが、失敗してしまうと、その間の日常生活に支障は出てきます。そうならないためにも、クリニック選びは慎重に行なうことが大切。一体、どのような原因で失敗という結果が導き出されてしまうのかについても、調査しています。

ボトックス注射の失敗についてもっと詳しく>>

クリニック選びのコツを教えて!

ボトックス注射で満足のいく結果を得るためには、信頼できるクリニックを選ぶことが最も重要です。このページでは「クリニック選びの際に気を付けたい注意ポイント」をまとめてみました。

経験が豊かで技術力を持った医師が在籍していることや、事前の施術などに関する説明がきちんと行われ、患者の疑問に答えてくれること、料金体系がわかりやすい、アフターケアは万全かどうかなど。そういった情報を患者が事前にチェックできるというクリニックの体制も選ぶ上では欠かすことができません。

クリニックの雰囲気や清潔感も重要ですので、納得のいく施術を受けるために、いくつかのクリニックを訪れてポイントを確認してみるのもいいでしょう。 シワ取りの手術などに比べ、ずっと簡単なボトックス注射ですが、確かな腕を持つ医師に依頼するに越したことはありませんよ!

ボトックス注射のクリニックの選び方についてもっと詳しく>>

福岡でボトックス治療を受ける前に知っておくべきボトックス4つの種類

ボトックス注射にもいくつか種類があります。福岡のクリニックで使用されている主なものは、アメリカアラガン社製の「ボトックスビスタ」、韓国の「リジェノックス」、ドイツ「ゼミオン」、欧州イプセン社製の「ディスポート」の4種類です。

施術パーツによっても異なりますが、アメリカのアラガン社製と韓国製が比較的低めの価格帯のようです。一方、製剤の純度が高く、高級志向向けなのが「ゼミオン」です。福岡の主なクリニックでよく使用されているのは、アラガン社製「ボトックスビスタ」。厚生省の認可を受けているボトックス注射です。

ボトックスとは、もともとはアラガン社の製品名で、治療法の普及によりそのまま「ボトックス治療」と呼ばれるようにもなりました。クリニックによって使用する製剤に違いはありますが、ここで挙げた4つのそれぞれの特徴と価格を比較していますのでチェックしてみてください。

ボトックス注射の種類についてもっと詳しく>>

ボトックス注射とその他の美容系施術のメリットをデメリットを比較

ボトックス注射とその他の施術について、それぞれの特徴とメリット・デメリットを比較しています。従来より肌への負担が少なくなったレーザー施術「フラクショナルCO2レーザー」と皮膚再生療法である「セルリバイブジータ」の2つの施術方法と比較。どちらもフェイスケアに効果のある施術方法です。

利用目的の多用さでは、ボトックス注射の美容効果は広範囲に渡りますが、他の施術方法とどのような違いがあるのでしょうか。気になる副作用についても、それぞれ比較しています。施術の際の麻酔の有無など、どういったデメリットがあるのかも知っておいたうえで、施術方法を相談するようにしましょう。

ボトックス注射とその他美容系施術の比較をもっと詳しく>>

いかがでしょうか?ぜひ各カテゴリのページに目を通し、ボトックスについての基礎知識を深めて下さいね。

また実際にクリニックへ足を運び、担当してくれる医師と話をすることも必要です。患者の悩みや希望に耳を傾けてくれる、また疑問点や不安点にしっかり応えてくれる医師かどうか、自分自身の目でしっかりと見極めることが大切です。

「この先生にお任せしたい」と思える医師と出会うため、根気よく事前リサーチを続けていきましょう。

美容以外でのボトックスの活用事例もあるの?

美容クリニックではお悩みの解決手段としてボトックスが取り入れられていますが、そもそもボトックスとは、どこからやってきたのでしょうか?

ハリウッドセレブのシワ取り法というイメージが強いボトックスですが、実は医療分野ではかなり以前から幅広く活用されています。
元はボツリヌス菌が作り出す毒素が、経験と英知により健康を回復する手段として生まれ変わります。ボトックスが活用される症例にはどのようなものがあるのか、見ていきましょう。

口とあごの不随意運動症の抑制

口顎ジストニア(オーラルジスキネジアジストニア)は、自分の意志で自由に口や舌をコントロールできない症状を表す病気です。

顔面表情筋やあご周辺の筋肉が異常収縮を起こし、口が開かなかったり閉じられなかったりするほか、閉じようとしてもあごがずれるといった状態になります。このためうまくしゃべれなくなり、また食事の際にものが噛めないなど、生活に重大な影響を及ぼします。
さらに顎や舌が勝手に動いてしまうと、歯の型どりや虫歯治療が行えず、口腔衛生を保つのが難しくなります。

口や舌、唇が無意識に動くので人前に出られず、当然、正常な社会生活が営めなくなってしまいます。
口顎ジストニアの原因としては抗精神薬・パーキンソン病治療薬の服用や傷害によるもの、遺伝的要因、神経性疾患などが挙げられます。不適合な義歯が原因とされる場合もあります。また原因が分からない状態のまま発症する例もあり、治療の決め手が見つかりにくい病のひとつとされています。

口顎ジストニアに対してボツリヌス毒素を用いた治療では、約60%に改善が見られ、咀嚼や会話がスムーズになってきます。特に無意識に口を固く閉じてしまう、閉口ジストニアには効果が高いとされています。
口顎ジストニアは外見上や物理的な問題以外にも、うつや不安障害、強迫性障害、統合失調症などの精神障害が同時に現れるという傾向があります。

こうした精神上の問題は口顎ジストニアを治療する上でも妨げとなり、回復を遅らせる原因となっています。
ボツリヌス毒素治療では、筋肉の異常収縮だけではなく、精神面にも好影響が期待されます。筋肉の異常な動きに伴う痛みが軽減し、口顎ジストニアの症状が抑制されると、精神障害の症状も落ち着いてきます。
口顎ジストニアの完治のために、患者の症状に合わせた外科的な治療や感覚トリックと呼ばれる接触法と並行させながら、ボツリヌス毒素を活用した治療を進めていきます。

脳卒中などの後遺症による過緊張の緩和

厚生労働省の発表によると、脳卒中を含む脳血管疾患の治療や経過観察などで通院している患者数は118万人と推計されており、うち約14%(17 万人)が就労世代(20~64歳)である(平 26 年患者調べ)となっています。
発症後の復職率は55~62%とされていますが、日常生活に復帰しても、四肢のこわばりなどに悩まされている人は少なくありません。
筋肉の過緊張をそのままにしておくと、歩行する際に顔が正面を向かなくなったり、摂食障害や側湾変形、呼吸障害などの原因となったりする恐れもあります。

ボトックス治療では、A型ボツリヌス毒素から生成されたボトックスを注射することで、緊張した筋肉を和らげて動作が楽に行えるようにしていきます。
脳卒中後に良く現れる症状が、手足の機能障害です。手足がつっぱり、動かしにくくなったり、歩きが不安定になったりします。座っていても勝手に足が動き、貧乏ゆすりをしているように見えるケースもあります。

指が曲がったまま力が入らない、あるいは力が思うように抜けず、ものがうまくつかめないと食事や筆記ができません。肘が曲がったままになっていたり、足が外側に開いて歩行が困難になったりする他、筋肉が固まっている部分は血行不良で手足の先が冷たくなります。
長期間筋肉の過緊張が続き、関節の動きが悪くなった状態を拘縮(こうしゅく)と呼びます。そのままではリハビリが行えないため、筋肉のこわばりを解きほぐす必要があります。

ボトックス注射を行うと緊張の原因となる神経に働きかけるため、過緊張筋が弛緩してこわばりが解かれます。
手先や肩、足といった筋肉や関節が柔らかくなり、歩行や着替え、食事、料理、筆記などの日常動作がスムーズになります。
また、介護をされている人の場合では、介護者の負担が軽減されます。

運動障害の改善

疾患や事故による外傷で麻痺を起こし、歩行困難となっている症例でもボトックス治療の効果が報告されています。
足趾屈筋痙縮では、骨格筋の緊張やバビンスキー反射という脊椎の異常反射、抵抗力への異常反応である折りたたみナイフ現象、拘縮などにより歩行異常、歩行困難が見られます。ボツリヌス療法はすでに「脳卒中治療ガイドライン 2009」の中で高いグレードで推奨されており、理学療法と組み合わせることで歩行能力の改善でも大きな成果が得られています。

症例では身体のバランスが崩れ自分では姿勢を制御できなかった患者に対して、ボトックス治療を行ったところ目覚ましい改善が報告されています。
過緊張となっているとき、筋肉を動かすための神経に異常が発生しています。本来、別々に動かすべき筋肉が同時に収縮しているため、いずれの方向にも動かない状態です。

適切な量のボトックスの注入によって、一時的に神経と筋肉の連携が外れて緊張が解けます。
ポイントはボトックス注射の後、関節の可動域を広げる運動やストレッチを行い、筋肉の緊張をほぐしたり伸ばしたりしている点です。
ボトックス治療の効果は高く評価されていますが、注入だけでは改善しません。ボツリヌス毒素だけの効果は限定的なものにとどまり、リハビリと組み合わせることで治療効果は増大します。

参考:
2014年10月1日「口顎ジストニアの治療」日本大学松戸歯学部付属病院成田 紀
2016年12月15日「ボトックス筋肉内注射ナビゲーションのための重畳表示システムの構築」牛垣 雅人,諸岡 健一 (九州大学),宮城 靖(福岡みらい病院),倉爪 亮(九州大学)
2014年5月30日「足趾屈筋群へのボトックス注射後,理学療法の実施により歩行能力の向上を認めた片麻痺患者の 1 症例」神戸中央病院 松坂 基博
脳卒中に関する留意事項

ボトックス注射のオススメ
美容クリニック3選~福岡編~

  • 表参道スキンクリニック福岡院

    ボトックス注射のパイオニアのひとつである東京「表参道スキンクリニック」で技術習得した院長の技術力に定評がある

  • 城本クリニック
    福岡院

    ボトックスの不要な効果を和らげる施術も同時に提供されており、安心して相談できる

  • あやべビューティークリニック福岡

    アルバイト医師を一切採用しておらず、院長自らが全ての治療を担当してくれます。