厳選特集!ボトックス注射が人気の福岡エリアの美容クリニック

副作用は大丈夫?

ここでは、ボトックス治療で起こり得る副作用についてご紹介しておきます。

ボトックス注射で起こり得る副作用

ボトックスはボツリヌス菌、つまり毒素を皮膚に注入することで筋肉を弛緩させ、さまざまな効果を生み出す治療法なので、副作用が生じる可能性もゼロではありません

注射の痛みや注射後の腫れ

通常は麻酔を使わずに行なわれるようですから、注射の針が刺さる痛みは当然あります。ものすごく痛い!と感じる人もいれば、普通の注射と同じくらいと言う人もいます。治療箇所や注入量、ドクターの技術によっても変わってくるようです。また、薬剤を打ったあとの内出血や腫れ、赤味は数日~1週間程度残ります。

治療当日は、長時間の入浴や飲酒、マッサージ、サウナなど、身体に負担を与える行為は控えるようにしましょう。

術後に頭痛を起こす可能性

大量のボツリヌス菌製剤を注射した場合、術後に軽い風邪のような症状(吐き気/めまい/高熱など)が出たり、頭が痛くなる患者さんがいるようです。できれば治療後は予定を入れず、安静にしておくほうがよいでしょう。多くの場合は数時間で回復するようです。

また、ごく稀なケースですが、アレルギー(アナフィラキシー様症状)を起こす患者さんもいると言われています。万が一、アレルギーが起こった場合は、すぐに担当の病院へ連絡をしてください。

まぶたの垂れ下がり

目の周りにボトックスを注射する際に、比較的起こりやすい現象です。注入量が多すぎたり、注入箇所が不適切だった場合に起こります。軽度であれば2週間ほどで回復するようです。

この副作用についても、施術者の技術や経験によるものが大きいので、信頼のおける腕の良いドクターにお願いすることが大切です。

顔の表情の変化

ボトックスは顔の表情をつかさどる筋肉の動きを抑制するものですから、注入量や部位によっては顔の表情が不自然になったり、無表情となる可能性があります。

ボトックス治療は、筋肉に直接働きかける治療なので、ある程度は副作用のリスクがあることをあらかじめ知っておくことが大切です。ほとんどの副作用は一時的で軽度なものなので心配はないと思いますが、効果を大きくしようとして多めに薬剤を打ったりすると、重い副作用に数ヵ月の間苦しむことにもなりかねません。

ひどい場合は、期待していた効果よりも副作用のほうが大きく出てしまう危険性もあるのです。

まだまだ症例数の少ない治療法でもあるので、できるだけボトックスに関する知識や経験が豊富な医師に施術してもらうことが大切です。

下記に該当する方はボトックスを受けられないので、ご注意ください
・妊婦や授乳中の方(術後半年ほどは妊娠を避けた方が良いとされています)
・筋弛緩剤、または筋弛緩作用のある薬を服用中の方
・製剤中の成分にアレルギーのある方